トコトン・ダイアログ

今後の夫婦と家族の方向性のイトグチが見つかる

Image by Şahin Yeşilyaprak

離婚

という言葉がチラチラ浮かんでる方へ

離婚した方が楽かも...

もう離婚しか無いのかな...

離婚して経済的にやっていけるだろうか...

離婚をしたら子どものことはどうしよう...

 

ちょっと待った!
イキオイ離婚!

「もう話してもムダ」と思い込んでいませんか?
「思ってることが伝わる」対話ができていますか?
相手の言葉を受け取れない心理状態だと、
お互い聞く耳をもってなければ、

そもそもお互い伝わりません。

 

対話してるつもりが、

対決してしまってませんか?

対決リングあるある

Training_edited_edited_edited.jpg
Training_edited_edited_edited.jpg

え? 何!?

ちょっと良い? ​

話そうよ。

すでに構えてる、売り言葉に買い言葉。

「対決のリング」

ではなく、

「対話のリング」

​を用意します。

グラフのコピー.jpg

10分程度しか話さない対決リングでは、すぐに試合終了です。

4〜5時間話す対話リングでは、納得の行く対話ができます。

 

フェアな対話のためにはファシリテータが必です。

 

4~5時間

トコしたこと

ありますか?

トコトン話すからこそ導ける

「新しい関係性の形」があります。

PROGRAM

トコトン・ダイアログのプログラム

Image by taylor hernandez

PROGRAM 01

トコトン・ダイアログ

対話の場で、お互いの思いや考えていることをトコトン話します。4時間~5時間、ルールを決め、ファシリテーターがいる場でトコトン話すことで、絡まった糸を解すイトグチが見つかります。

PROGRAM 02

エネカラー

エネカラー*(自己理解ツール)を使い、自己の特色を知り、深めます。インターネットで簡単に受けられるエネカラー診断を個別に受けて、そこから導いた自分の取り扱い説明書(相性のトリセツ)を使って「あの人との関わり方」を知ります。

*発明家の生田知久氏が独自に開発した「自己統合」ツールのひとつです。

飛散したペイント

IMG_5258.JPG

PROGRAM 03

インサイト・マップ

インサイト・マッ*(深層心理を可視化するツール)を使って、自分の悩みを可視化して俯瞰的に見てみます。物事には「陰と陽」の側面があることを識り(人生万事塞翁が馬)自己の中庸と人生の中庸の感覚を理解し、認識していきます。

*発明家の生田知久氏が独自に開発した「自己統合」ツールのひとつです。

PROGRAM 04

トコトン・ダイアログ

ログラム2のエネカラーで自己理解と相互理解を知り、プログラム3のインサイト・マップで物事の「陰と陽」の側面を識りもう一度トコトン・ダイアログで対話することで、新たな関係性を紡いでいきます。

ビーチで瞑想するカップル

Image by dylan nolte

POLICY

トコトン・ダイアログのポリシー

「離婚」を勧める場でも、引き止める場でもありません。

それは、お互いが納得して決めましょう。

ただ、どちらであろうとも「子供にとっては父であり母」です。

結果が「継続」だろうと「離婚」だろうと、

お互いの、そして子供との「新しい縁の形」を作りましょう。

 
 

これからの新しい関係性を築けます。

「夫婦の関係」

「親子の関係

の改善から、

の発展へ

 

ABOUT ITOGUCHI

イトグチプログラム1案 20200521 (1).jpg
Mari Nagaoka

鹿児島県出身 / 神奈川県逗子市在住

立教大学法学部卒

​〈仕事〉

対話ファシリテータ

女性活躍推進コンサルタント

企業研修講師

婚活・子育てセミナー講師

 

〈資格〉

シニアライフアドバイザー

コーチ、保育士

NP研修ファシリテータ

(Nobody's Parfect)

株式会社 イトグチ 代表取締役

長岡 まり

51歳で婚活支援ベンチャー企業の株式会社パートナーエージェントの創業期に入社し、会員サポートのコンシェルジェとして延べ1000人以上の会員様の相談に乗る。多数の成婚カップルを出し、相談に乗る機会が多くなる

仕事をきっかけに、「結婚・離婚・パートナーシップ・家族」などに興味を持ち、心理学・家族社会学等の学びを深めるようになる。

夫婦や家族など、身近な存在になるほど「話し合い」が難しくなることを感じ、「対話」の重要性を痛感し始める。

お互いが思っていることをキチンと話し合う「対話」をしないまま感情をぶつけ合い「イキオイ離婚」をしてしまう夫婦が多いのではないか?と思い始める。

自身も48歳の時に、結婚26年で離婚した経験から「話し合いができないままに別れた」という反省があり、夫婦間できちんと話し合うことの大切さを痛感していたが、当事者同士では感情的になり、話し合うことの難しさも感じる

たまたま、友人カップルのケンカに「対話する場」を提供したことで別れる寸前のカップルが、お互いの考えや想いを理解し、絡まった糸を紡ぎなおし、やり直した姿を見て「対話」の重要性とそこに第3者としてファリシテータがいることの価値を見出し、株式会社イトグチを立ち上げ「トコトン・ダイアログ」のサービスを提供をするようになる。

友人カップルは、その後結婚してお子さんが生まれ、協力して子育てを頑張りながら、時にはケンカをし、その都度対話をしながら幸せに暮らしています

 
 

CONTACT

送信ありがとうございました

BLOG