検索
  • 長岡 まり

「トコトン・ダイアログ」サービス提供のきっかけ

更新日:2020年6月30日

こんにちは!


株式会社イトグチの長岡まりと申します。


イトグチのサービス「トコトン・ダイアログ」に興味を持って

いただきありがとうございます!


私が、なぜ「トコトン・ダイアログ」というサービスを提供しようと考

えたか?

お話させてください。



51歳で婚活支援のベンチャー企業である(株)パートナーエージェントの

創業期に入社しました。そこで会員サポートのコンシェルジェとして1000人以上の

方の相談に乗り、多くの成婚カップルも出させていただきました。成婚した会員様と

は、その後も年賀状をいただいたり、お子さんを連れて遊びに来ていただくなどのお

付き合いもさせていただき、本当に楽しくやりがいを持って仕事をさせていただきました。


婚活で苦労したカップルが、何年か経ち、色々な事情から「離婚」を選択していく姿を

みて「他に選択肢はなかったのだろうか・・」と何も力になれない自分にもどかしさも感じました。


そういう気持ちもあり、心理学や家族社会学に興味を持ち、学びを深めるようになり

ました。

私自身も48歳の時に、結婚26年で離婚した経験もあり「夫と話し合いもしないまま離婚した」という反省もありましたし、夫婦やカップル、家族など近しい存在ほど、「話し合う」ことの大切さをわかっていながらお互い感情的になり、「話し合う場」を作ることさえ難しいことも分かっていました。


仕事では、60歳の時に、「保育園」を作る仕事に0から携わり、保育士の資格も取得しま

した。

子ども達やママ達と話をする機会を得て、仕事や子育ての相談にも乗る中で

共働きご夫婦の家事や育児の分担の悩みやシングルマザーの大変さも知りました。

また、親の離婚を経験した子ども達が、傷ついている姿に胸を痛めるようにもなりまし

た。


「離婚によって子ども達がなるべく傷つくことを避けたい」


「子ども達が、自分の未来に夢や希望を持てるようになって欲しい」


「夫婦の縁」は切れても「親子の縁」は紡いでいってほしい」


離婚をすることが悪い訳ではないけれど、感情的にぶつかって、話し合いもできないまま

別れることは避けてほしい。キチンと「対話」してお互いが納得して人生の選択をして欲しい。

そんな思いから「トコトン・ダイアログ」のサービスを立ち上げました!

このサービスが、「離婚」がチラチラ頭をよぎり、悩んでいるご夫婦の

お役に立てることを願っています。


結果として「離婚」を選択したとしても

子ども達にとっての「父であり、母である」

そんな新たな家族の関係と絆を築いていけて、子ども達が幸せに成長していけますように!



26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示